ホーム | 説教

今週の説教

体に必要なもの

説教要旨(2月10日 朝礼拝より)
ヤコブの手紙 2:14-16
伝道師 新佐依子

 私たちの信仰には、体でしか分からないものがあります。そのために、聖餐というものがあるのです。何のためにわざわざパンとぶどう酒を用意して、礼拝の中で実際に食べるのかといえば、それは体でしか分からないからです。
 私たちはカトリック教会のように、あのパンとぶどう酒がイエス様の肉と血そのものだとは考えていませんが、しかし、イエス様が十字架におかかりになる前の晩、パンとぶどう酒を実際に手に取って、「《これ》は私の体だ」「《これ》は私の血だ」とおっしゃったということは、忘れてはならないことだと思います。私たちは聖餐式において《そのパン》と《そのぶどう酒》を《この体》で食べるとき、聖霊によって、私たちの体とイエス様の体が本当に「触れ合う」という体験をするのです。
 イエス様の体は、私たちの痛みや苦しみが分からないような体ではありません。イエス様は私たちと同じ体をもって世に来られました。当時の人たちは、自分の目でイエス様の姿を見、自分の耳でイエス様の声を聞きました。同じ体をもって毎日を生きる者同士として、一緒にお喋りをしたり一緒に食事をしたりしました。そうやって私たちと一緒に過ごし、私たちが慣れ親しんだその体でもって、イエス様は十字架にかかられました。私たちと同じように生活し、私たちと親しく交わりを持たれたその体で、イエス様はののしられ、裸にされて鞭打たれ、十字架につけられ、「わが神、なぜ私を見捨てたか」と叫んで死なれたのです。
 死というのは、私たちをあらゆるものから引き離します。愛する人たち、大切なもの、そのすべてから断絶されるのが「死」です。関係の中で生きるものとして造られている私たちにとって、あらゆるものとの関係が絶たれる死は、まさに「死」です。
 イエス様の体は、この死を体験された体です。しかも、神様からも断絶されるという、私たちには想像することもできない、真の死を死なれた体です。そしてその死から、イエス様は体をもって復活されました。私たちに与えられている聖霊は、このイエス様の霊です。私たちはこの聖霊によって、イエス様の復活の体と触れ合うのです。
 イエス様の霊が与えられている私たちの体は、いつもイエス様の復活の体との交わりの中にあります。ですから、私たちがこの体に痛みを覚えたら、それはイエス様の体にも痛みにもなります。私たちがこの体で生きる生活で困難を覚えたら、それはイエス様の体の困難にもなります。イエス様の体は私たちの痛みや苦しみを知らない体ではありません。私たちと同じように生き、真の死を死に、そこから復活された体です。私たちの体が痛めば、イエス様の体も痛いのです。そしてイエス様の体が痛めば、それは、同じようにあの聖餐のパンとぶどう酒を食べているみんなの体にも痛みとして覚えられるのです。
 だから私たちは、困難の中にある兄弟姉妹たちの手助けをするのです。それによって少しでも困難が軽減されれば、イエス様の体が元気になるからです。私たちは皆、最終的に何を目指しているかといえば、キリストにおいて一人の新しい人に造り上げられることです。イエス様の体の完成こそが、私たちの救いの完成です。ですから、大事なのはイエス様の体が元気になって成長し、完成に向かうことなのです。
 ヤコブ書は「体に必要なものを何一つ与えないなら、何の役にも立たない」と言っていますが、これは人道的な助け合いのことを言っているのではありません。私たちの体に必要なものは、イエス様の体に必要なものです。兄弟姉妹が助け合うことで困難が緩和されるのであれば、助けた方も助けられた方も、共に「イエス様の体が元気になった」という喜びに与ることができます。だから私たちは共に助け合うのです。
 イエス様の体の完成が私たちの完成です。そのことを覚え、この世の日々を共に助け合って生きていきたいと思います。