ホーム | 説教 | 説教(2009年度) | わたしは知っている

わたしは知っている

説教要旨( 4月 19日 朝礼拝)
ホセア書 第13章 4~6節
ヨハネによる福音書 第7章 25~36節
伊藤英志

 仮庵祭を迎えて多くの巡礼者たちが集まっているエルサレムの神殿で、主イエスはご自身をお遣わしになったお方―天の父なる神について大声で叫んでいます。しかし、人々は、ナザレのイエスが救い主メシアであることの確証を求め始めると同時に、強い疑いを抱きます。救い主がナザレから出るとは預言されていないし、無名の家の子であるはずがないと思われたからです。
 メシアかメシアでないか、そうした迷いの中にあった人々に向って主イエスが叫びます。28節「あなたたちはわたしのことを知っており、また、どこの出身かも知っている。わたしは自分勝手に来たのではない。わたしをお遣わしになった方は真実であるが、あなたたちはその方を知らない」。仮庵祭の最中であるのに、エルサレムにいた人々は、主イエスをお遣わしになった父なる神の御業を知ろうとしなかったのです。
 仮庵祭は、エジプトでの苦役からイスラエルの祖先が解放され、神の恵みに支えられて荒れ野での苦難に満ちた天幕生活の旅を続けたことを覚える祭りです。祭の間、人々は神の救いを確信する、偽りや欠けのない完全な「真実なる信仰」に心を向けます。
 しかし、主イエスを前にしたエルサレムの人々は、ナザレのイエスがどこから来て、どこに行こうとしているのかについて論じ合い、混乱しています。その原因は、真実なる信仰を語っているその自分の姿の大いなるを確信して、神の恵みを忘れ、神を顧みることなく、神を知らない人々となっていたからです。ですから人々は、自分がもっている知識や経験、人々が納得する基準によってナザレのイエスを知ろうとします。
 人々は四つのグループに分かれていきます。一つは、ナザレのイエスがもつ真実について確かな証拠が得られず、最高法院の判断といった人間の権威や知識に合致した判断を求める人々です。二つは、ナザレのイエスを殺害することを決めておきながら実行に移すことができず、自分の決意と行動が矛盾していて躊躇と迷いの中にいた人々です。三つは、31節の証言にもあるように、数々の奇跡の業を自分の目で見た―その自分の経験のゆえに主イエスを信じた多くの人々です。四つは、32節以下にあるように、仮庵祭を迎えて最も関心と注目を集めるはずの祭司長やファリサイ派の人々で、下役を遣わして主イエスを人々の前で捕えようとし、自分たちの権威を神殿に集まっていた人々に示そうとする人々です。
 どのグループにも共通しているのは、権威をもつ人間の判断が正しい、それに従う自分の行動に誤りはない、自分の経験や判断基準に基づく行動が正しい。つまり全てについて、人間を、自分を、頼りにしている姿です。同時に迷いと躊躇と混乱の中にいる姿です。そこに真実なる姿はありません。自分がどこから来て、どこへ行こうとしているのかを見失っています。私は神を知っていると言いながら、実は神の業を認めようとしてはいません。
 ホセア書にも記されているように、そのように神を忘れた人々は、主イエスをいくら捜しても見つけることができない時が来ます。主イエスがいる所にそのような人々は来ることはないのです(34節)。
 主イエスが地上に遣わされた目的は、人々が主イエスを信じない者ではなく信じる者となり、主イエスが帰っていく場所―神の国に、人々が来ることができるようにするためです。だからこそ主イエスは、地上での神の都、エルサレムの神殿の境内で叫んでいるのです。
 主イエスの叫びは、自分の命がどこから来たのか目を覚ませ、主なる神に立ち返れと私たちを戒めています。自分が帰っていくべき、神と共に住む霊の故郷に目を向けよと、今も主イエスは大声で呼びかけています。
 大声で叫ぶ主イエスの御言葉に、これからを生きる私たちの命があるのです。私たちが進んで行くべき道があり、私たちがたどりつく真実に満ちた永遠なる神の国があるのです。
 

誇る者は主を誇れ

説教要旨(10月3日 朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙二 10:12-18
牧師 藤盛勇紀

 パウロの伝道によって礎が築かれたコリント教会の様々な問題の背後には、偽教師たちの存在がありました。そうした教師たちについてパウロはこう言います。「わたしたちは、自己推薦する者たちと自分を同列に置いたり、比較したりしようなどとは思いません。彼らは仲間どうしで評価し合い、比較し合っていますが、愚かなことです」。それに対して「わたしたちは限度を超えては誇らず、神が割り当ててくださった範囲内で誇る、つまり、あなたがたのところまで行ったということで誇る」と言います。
 ここでまた「誇り」のことが取り上げられますが、「限度を超えては誇らず」「他人の労苦の結果を限度を超えて誇るようなことはしません」と、繰り返し「限度を超えない」と言います。「限度を超えては誇らない」とは、どういうことでしょうか?人の目や評価を気にして限度を弁えるということなのか。誇るにしても人の気分を害さない程度にしておくということなのか。そうではありません。人からどう思われ、どう評価されるかで限度を測るわけではありません。ではどんな限度なのか?
 パウロはここで「限度」「範囲内」「あなた方を越えた所」「他の人の領域(尺度)」といった言葉を繰り返します。《限度を弁える》ことが重要なテーマになっています。「誇る」こととの関係で、どんな限度や尺度があるのでしょうか。もし、ひと言で言うとすれば、《いつでも自分を主との関係で見ている》ことだと言ってよいでしょう。
 パウロは敵対者たちのことを「自己推薦」する人々だと言います。私にはこういう能力があり、こういう知識や経験がある。それについては他者からの評価もある。実際「推薦状」も持っている。だから私にはこういう可能性がある。そのように、自分の「売り」はこれだ、というものを持っていて、第三者からの客観的な高評価も付けられている人です。そうしたものを持っていること自体悪いことではありませんが、それを「売り」に生きるならば、常に他者からの評価を必要とします。自分を売り、人に買ってもらわないと先に進めない、生きられないのです。
 それに対してパウロは、人からの評価で自分の価値を確かめるような生き方をキリストの下で完全に捨てました。それまでは有利だと思っていたものの全ては、「糞土」だと分かり、「塵芥と見なす」と言いました。だから「評価し合い、比較し合う」というのは「愚かなこと」だというのです。
 自分が何者でありどんな価値があるのか、そしてどんな可能性があるのか、実際自分は何をなしてきたのか。そこには、人と比べながらの評価など一切入り込む余地はないのです。なぜならパウロは、キリストに捕らえられてから、自分の一切が神に買い取られて主のものとされていることを知ったからです。《主のものである私》こそが真実な私。《他人の目に写る私》とか《他者の評価の中にある私》は、実は私ではない。
 以前にも「推薦状」のことが取り上げられていましたが、そこでパウロは「あなた方が私の推薦状」だと言いました。パウロの働きや実績は、人からの評価など無くても、あなた方の存在が証ししている、あなた方がキリストに捕らえられ、神の命を与えられ、恵みによって生きる者とされたではないか。私の主が私を用いて働いてくださっていることの証しだと。だから、「誇る者は主を誇れ」と言うのです。
 あなたの造り主にして命の付与者であられる《あなたの主》を誇りとして生きるのでなければ、いつか失われる自分の何かを誇るか、人の評価や推薦状や成績表を誇って、それを売りに生きるしかありません。それは愚かなこと、空しいことではないか。私たちを贖い取って、生かし用いておられる主を見よ、このお方を誇ることこそ真に誇りを持って生きることだと言うのです。

説教一覧(2009年度)

2009.04.05
聖霊の執り成し
2009.04.12
主キリストは復活された
2009.04.19
わたしは知っている
2009.04.26
万事が益となる
2009.05.03
栄光への歩み
2009.05.10
渇いている人
2009.05.17
神が味方
2009.05.24
神の愛に結ばれて
2009.05.31
聖霊を受けた人々
2009.06.07
輝かしい勝利
2009.06.14
もう罪を犯してはならない
2009.06.21
永遠の命を受ける
2009.06.28
あなたの手に渡す
2009.07.05
わたしの確信
2009.07.12
わたしに従う者
2009.07.19
悲しみと痛みの中から
2009.07.26
神の言葉は貫かれる
2009.08.02
神の憐れみによって
2009.08.09
真実なる裁き
2009.08.16
我々はその時
2009.08.23
神に造られた器
2009.08.30
信仰による義
2009.09.06
神の義によって
2009.09.13
あなたたちは自由になる
2009.09.20
心で信じて、口で言い表し
2009.09.27
誇りは増し加わる
2009.10.04
信仰は聞くことから
2009.10.11
神の言葉を聞く者
2009.10.18
神はその民を見捨てられない
2009.10.25
人々の先頭に立って渡る
2009.11.01
勝利を賜る神
2009.11.08
決して死なない
2009.11.15
真実の言葉を話す
2009.11.22
躓きから救いへ
2009.11.29
聞かれない祈り
2009.12.06
神のご計画への信頼
2009.12.13
神の業が現れる(文書なし)
2009.12.20
神の愛が現れた
2010.01.03
神の秘められた計画
2010.01.10
あの人をどう思うか
2010.01.17
今日も生きている
2010.01.24
栄光が神に永遠に
2010.01.31
神の憐れみによる勧め
2010.02.07
なすべき礼拝
2010.02.14
正直に答えなさい
2010.02.21
心を新たにし
2010.02.28
己れを知る
2010.03.07
一つの体の部分として
2010.03.14
わたしに従いなさい
2010.03.21
賜物を生かす
2010.03.28
勇気をもって雄々しく