ホーム | 説教 | 説教(2009年度) | 一つの体の部分として

一つの体の部分として

説教要旨( 3月 7日 朝礼拝 )
詩編 第40編 8~12節
ローマの信徒への手紙 第12章 3~ 8節
倉橋康夫

 パウロは、キリスト者が自分自身についてどのように思うべきかについて、<信仰の度合いに応じて慎み深く評価すべき>であると言い、そして、何よりも主キリストに結ばれて一つの体とされている者として生きることだ、と言います。教会は主キリストの体である、と言われます。<教会はキリストの体であり、すべてにおいてすべてを満たしている方の満ちておられる場です。>(エフェソ 1 : 23)、と。つまり、慎み深い信仰生活の源は、主キリストの体としての生活、教会生活にある、と言うのです。
 併せて読んだ、詩編 第40編で、詩編の記者は、<大いなる集会>における、自分の振る舞いについて、主なる神に呼びかけています。大いなる集会において、主なる神からの良いしらせ、神の恵みの御業に結ばれ、主なる神の真実と救いを語り、神の慈しみとまことを語った、と言うのです。この<大いなる集会>とは、「呼び集められた者の集い」であり、礼拝の場であり、また教会を意味します。教会に連なる者は、神の恵みのみ業を原点とし、神の真実と救いを語り続けるものであることを指し示しています。
 ところで、パウロは先ず、<5 わたしたちも・・・ キリストに結ばれて一つの体を形づくっており、・・・>、と言います。主キリストに結ばれて、皆で力を合わせて、一つの体を形づくっている、と言うのです。ここに、キリスト教会の意義が示されています。近頃、教会員の高齢化現象は、どの教会にも見られます。しかし、教会員の高齢化そのものは、神の恵みを現している、と言っても良いでしょう。長い信仰生活の体験は、教会の宝・財産です。<白髪は輝く冠、神に従う道に見いだされる。>(箴言 16 : 31)、<力は若者の栄光。/白髪は老人の尊厳。>(箴言 20 : 29)とある通りです。体力が衰え、教会への奉仕もままならない、と嘆く人もいますが、それも与えられたその人の位置・立場です。ヘルマン・ホイヴェルス(元上智大学学長)は、詩「最上のわざ」で、体を使う仕事ができなくなっても、祈りはできる、愛するすべての人のために神の恵みを祈りつつ、神の許に帰るのだ、と言います。
 扨て、パウロは、<わたしたちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っています>、と言います。<与えられた恵み>については、第5章15節で、<しかし、恵みの賜物は罪とは比較になりません。1人の罪によって多くの人が死ぬことになったとすれば、なおさら、神の恵みと1人の人イエス・キリストの恵みの賜物とは、多くの人に豊かに注がれるのです。>、と言われています。この主キリストによる恵みの賜物を与えられ、召され、結び合わされている私たちです。
 その上で、私たちが夫々異なった賜物を与えられていることを指摘します。預言、奉仕、教える、勧める、施しをする、指導する、慈善を行う、と。これらの、夫々の賜物が共通の目標を持っています。つまり、一つの体を形づくる、という目標です。そして、私たち各自は、その「一つの体の部分として」存在し、活動することが許されており、求められているのです。それ以上でもなく、それ以下でもありません。ここに、私たち1人ひとりが、謙虚に教会を形づくる道があり、また、責任を担って教会を立てる道があります。私たち1人ひとりが「一つの体の部分として」あることを自覚すること、部分であることに徹することです。
 主キリストに結ばれ、そのことによって互いに結ばれ、喜ばしく、教会の歩みを進めていきたい、と思います。主キリストの救いに、共に与っている者として、心の限りに主を讃美する群れとしての歩みを、更に深く味わい、進めて参りましょう。
 

誇る者は主を誇れ

説教要旨(10月3日 朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙二 10:12-18
牧師 藤盛勇紀

 パウロの伝道によって礎が築かれたコリント教会の様々な問題の背後には、偽教師たちの存在がありました。そうした教師たちについてパウロはこう言います。「わたしたちは、自己推薦する者たちと自分を同列に置いたり、比較したりしようなどとは思いません。彼らは仲間どうしで評価し合い、比較し合っていますが、愚かなことです」。それに対して「わたしたちは限度を超えては誇らず、神が割り当ててくださった範囲内で誇る、つまり、あなたがたのところまで行ったということで誇る」と言います。
 ここでまた「誇り」のことが取り上げられますが、「限度を超えては誇らず」「他人の労苦の結果を限度を超えて誇るようなことはしません」と、繰り返し「限度を超えない」と言います。「限度を超えては誇らない」とは、どういうことでしょうか?人の目や評価を気にして限度を弁えるということなのか。誇るにしても人の気分を害さない程度にしておくということなのか。そうではありません。人からどう思われ、どう評価されるかで限度を測るわけではありません。ではどんな限度なのか?
 パウロはここで「限度」「範囲内」「あなた方を越えた所」「他の人の領域(尺度)」といった言葉を繰り返します。《限度を弁える》ことが重要なテーマになっています。「誇る」こととの関係で、どんな限度や尺度があるのでしょうか。もし、ひと言で言うとすれば、《いつでも自分を主との関係で見ている》ことだと言ってよいでしょう。
 パウロは敵対者たちのことを「自己推薦」する人々だと言います。私にはこういう能力があり、こういう知識や経験がある。それについては他者からの評価もある。実際「推薦状」も持っている。だから私にはこういう可能性がある。そのように、自分の「売り」はこれだ、というものを持っていて、第三者からの客観的な高評価も付けられている人です。そうしたものを持っていること自体悪いことではありませんが、それを「売り」に生きるならば、常に他者からの評価を必要とします。自分を売り、人に買ってもらわないと先に進めない、生きられないのです。
 それに対してパウロは、人からの評価で自分の価値を確かめるような生き方をキリストの下で完全に捨てました。それまでは有利だと思っていたものの全ては、「糞土」だと分かり、「塵芥と見なす」と言いました。だから「評価し合い、比較し合う」というのは「愚かなこと」だというのです。
 自分が何者でありどんな価値があるのか、そしてどんな可能性があるのか、実際自分は何をなしてきたのか。そこには、人と比べながらの評価など一切入り込む余地はないのです。なぜならパウロは、キリストに捕らえられてから、自分の一切が神に買い取られて主のものとされていることを知ったからです。《主のものである私》こそが真実な私。《他人の目に写る私》とか《他者の評価の中にある私》は、実は私ではない。
 以前にも「推薦状」のことが取り上げられていましたが、そこでパウロは「あなた方が私の推薦状」だと言いました。パウロの働きや実績は、人からの評価など無くても、あなた方の存在が証ししている、あなた方がキリストに捕らえられ、神の命を与えられ、恵みによって生きる者とされたではないか。私の主が私を用いて働いてくださっていることの証しだと。だから、「誇る者は主を誇れ」と言うのです。
 あなたの造り主にして命の付与者であられる《あなたの主》を誇りとして生きるのでなければ、いつか失われる自分の何かを誇るか、人の評価や推薦状や成績表を誇って、それを売りに生きるしかありません。それは愚かなこと、空しいことではないか。私たちを贖い取って、生かし用いておられる主を見よ、このお方を誇ることこそ真に誇りを持って生きることだと言うのです。

説教一覧(2009年度)

2009.04.05
聖霊の執り成し
2009.04.12
主キリストは復活された
2009.04.19
わたしは知っている
2009.04.26
万事が益となる
2009.05.03
栄光への歩み
2009.05.10
渇いている人
2009.05.17
神が味方
2009.05.24
神の愛に結ばれて
2009.05.31
聖霊を受けた人々
2009.06.07
輝かしい勝利
2009.06.14
もう罪を犯してはならない
2009.06.21
永遠の命を受ける
2009.06.28
あなたの手に渡す
2009.07.05
わたしの確信
2009.07.12
わたしに従う者
2009.07.19
悲しみと痛みの中から
2009.07.26
神の言葉は貫かれる
2009.08.02
神の憐れみによって
2009.08.09
真実なる裁き
2009.08.16
我々はその時
2009.08.23
神に造られた器
2009.08.30
信仰による義
2009.09.06
神の義によって
2009.09.13
あなたたちは自由になる
2009.09.20
心で信じて、口で言い表し
2009.09.27
誇りは増し加わる
2009.10.04
信仰は聞くことから
2009.10.11
神の言葉を聞く者
2009.10.18
神はその民を見捨てられない
2009.10.25
人々の先頭に立って渡る
2009.11.01
勝利を賜る神
2009.11.08
決して死なない
2009.11.15
真実の言葉を話す
2009.11.22
躓きから救いへ
2009.11.29
聞かれない祈り
2009.12.06
神のご計画への信頼
2009.12.13
神の業が現れる(文書なし)
2009.12.20
神の愛が現れた
2010.01.03
神の秘められた計画
2010.01.10
あの人をどう思うか
2010.01.17
今日も生きている
2010.01.24
栄光が神に永遠に
2010.01.31
神の憐れみによる勧め
2010.02.07
なすべき礼拝
2010.02.14
正直に答えなさい
2010.02.21
心を新たにし
2010.02.28
己れを知る
2010.03.07
一つの体の部分として
2010.03.14
わたしに従いなさい
2010.03.21
賜物を生かす
2010.03.28
勇気をもって雄々しく