ホーム | 説教 | 説教(2009年度) | わたしに従いなさい

わたしに従いなさい

説教要旨( 3月 14日 朝礼拝)
イザヤ書 第26章 7~9節
ヨハネによる福音書 第21章 15~19節
伊藤英志

 ヨハネ福音書では、ガリラヤ湖での漁に出たペトロたちの前に復活の主イエスが現れます。主イエスは、そこで朝の食事をも整えてくださり、弟子たちと朝食を囲みました。朝の食事の後、主イエスは「あなたはわたしを愛しているか」と問いただし、「わたしの子羊を飼いなさい」、「わたしの羊の世話をしなさい」、「わたしに従いなさい」とペトロに命じます。
 その命令の通り、若き日に漁師だったペテロは、主イエスの羊を世話する務めに生涯を献げ、ローマで捕えられて殉教したと伝えられています。「あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたいところへ行っていた。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められて、行きたくないところへ連れて行かれる(18節)」。ペテロがどのような死に方で神の栄光を現すようになるか、主イエスが告げた通りになります。
 私たちはペトロのように殉教を目指しているわけではありません。主イエスに従っていくとは、主イエスを捜し求め、このお方を愛することです。主イエスの言葉と教えに自分自身を委ねていくことです。しかしながら、「あなたはわたしを愛しているか」との問い掛けに、私たちは自信をもって「はい、主よ。私はあなたに従っています」と答えることができるでしょうか。
 私たちの実際の日常生活はどこにいても、次から次にしなければならないことに溢れています。目の前のことに追われるだけでその日がすぎ去っているのが現実です。ペトロのように「そのことはあなたがご存じです」と、すっきりしない応えしかできない姿を認めざるをえません。
 エルサレムから逃げるようにしてガリラヤに戻り、いつものように漁に出たペトロに、復活の主イエスは、朝、突然現れました。それと同じように、私たちの日常生活にも主イエスは今も現れてくださり、「わたしを愛しているか」、「わたしの羊を飼いなさい」、「わたしに従いなさい」と告げるのです。
 その主イエスの言葉に応えたいと願うのが、イザヤ書にも記されている通り、私たちの魂の願いであるはずです。主イエスに従うことは、どのような状況であっても、このお方を待ち望み、このお方を捜し求めていく決意を再び新たにしていくことなのです。
 しかし、実際の私たちは、自分の夢や目標を望み通りに実現させていくことを、心のどこかで求めています。互いに愛し合うことができる人になるよりも、誰にも頼らずに自分のことは自分でできる人、自分の世話は自分でできる人を目指してしまいます。自分の将来を予測しそれに自分の知恵と力で備えを整えることができる人が、成熟した大人の姿と考えてしまいます。
 ところが、予想外の事態が私たちを覆うことがあるのは事実です。それに、私たちにはいつまでも避けて通ることができない時が来ます。いずれ年をとると、目が閉ざされ、心の奥底では行きたくないと思っている所に連れて行かれる時です。主イエスとの再会を果たす時です。
 その時、人はそれぞれが歩んできた道について問いただされることになります。「わたしに従いなさい」との主イエスの呼びかけは、この時に備えるためにあります。そして、「自分のことは何でも自分でできるようでいるべき」という世の考えとは、正反対のことを示しています。主イエスに従っていくことを心から願うことは、自分の両手を伸ばし、主イエスに帯を締めてもらって導かれていくことを、今以上にさらに望んでいくことなのです。
 主イエスに導かれて、ついにたどり着く所は、神の家です。神の家では、復活の主イエスと共に留まり、共に復活の朝の食卓を囲むことになります。そして、どのようにして真の救いがもたらされたかを語り合う家となるのです。この神の家に迎え入れられるためには、それまで握り締めていた全てを手放して、その自分の両手を前に伸ばし、主イエスに帯を締めてもらって導いて頂くことを願い出なければならないのです。
 その道は、イザヤ書にある通り、平らでまっすぐな道、全てが整えられた確かな道です。「わたしは道であり、真理であり、命である(14:6)」と告げた主イエスは、今も私たちの名を呼んで、神の家に至る道に導こうとされているのです。
 

誇る者は主を誇れ

説教要旨(10月3日 朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙二 10:12-18
牧師 藤盛勇紀

 パウロの伝道によって礎が築かれたコリント教会の様々な問題の背後には、偽教師たちの存在がありました。そうした教師たちについてパウロはこう言います。「わたしたちは、自己推薦する者たちと自分を同列に置いたり、比較したりしようなどとは思いません。彼らは仲間どうしで評価し合い、比較し合っていますが、愚かなことです」。それに対して「わたしたちは限度を超えては誇らず、神が割り当ててくださった範囲内で誇る、つまり、あなたがたのところまで行ったということで誇る」と言います。
 ここでまた「誇り」のことが取り上げられますが、「限度を超えては誇らず」「他人の労苦の結果を限度を超えて誇るようなことはしません」と、繰り返し「限度を超えない」と言います。「限度を超えては誇らない」とは、どういうことでしょうか?人の目や評価を気にして限度を弁えるということなのか。誇るにしても人の気分を害さない程度にしておくということなのか。そうではありません。人からどう思われ、どう評価されるかで限度を測るわけではありません。ではどんな限度なのか?
 パウロはここで「限度」「範囲内」「あなた方を越えた所」「他の人の領域(尺度)」といった言葉を繰り返します。《限度を弁える》ことが重要なテーマになっています。「誇る」こととの関係で、どんな限度や尺度があるのでしょうか。もし、ひと言で言うとすれば、《いつでも自分を主との関係で見ている》ことだと言ってよいでしょう。
 パウロは敵対者たちのことを「自己推薦」する人々だと言います。私にはこういう能力があり、こういう知識や経験がある。それについては他者からの評価もある。実際「推薦状」も持っている。だから私にはこういう可能性がある。そのように、自分の「売り」はこれだ、というものを持っていて、第三者からの客観的な高評価も付けられている人です。そうしたものを持っていること自体悪いことではありませんが、それを「売り」に生きるならば、常に他者からの評価を必要とします。自分を売り、人に買ってもらわないと先に進めない、生きられないのです。
 それに対してパウロは、人からの評価で自分の価値を確かめるような生き方をキリストの下で完全に捨てました。それまでは有利だと思っていたものの全ては、「糞土」だと分かり、「塵芥と見なす」と言いました。だから「評価し合い、比較し合う」というのは「愚かなこと」だというのです。
 自分が何者でありどんな価値があるのか、そしてどんな可能性があるのか、実際自分は何をなしてきたのか。そこには、人と比べながらの評価など一切入り込む余地はないのです。なぜならパウロは、キリストに捕らえられてから、自分の一切が神に買い取られて主のものとされていることを知ったからです。《主のものである私》こそが真実な私。《他人の目に写る私》とか《他者の評価の中にある私》は、実は私ではない。
 以前にも「推薦状」のことが取り上げられていましたが、そこでパウロは「あなた方が私の推薦状」だと言いました。パウロの働きや実績は、人からの評価など無くても、あなた方の存在が証ししている、あなた方がキリストに捕らえられ、神の命を与えられ、恵みによって生きる者とされたではないか。私の主が私を用いて働いてくださっていることの証しだと。だから、「誇る者は主を誇れ」と言うのです。
 あなたの造り主にして命の付与者であられる《あなたの主》を誇りとして生きるのでなければ、いつか失われる自分の何かを誇るか、人の評価や推薦状や成績表を誇って、それを売りに生きるしかありません。それは愚かなこと、空しいことではないか。私たちを贖い取って、生かし用いておられる主を見よ、このお方を誇ることこそ真に誇りを持って生きることだと言うのです。

説教一覧(2009年度)

2009.04.05
聖霊の執り成し
2009.04.12
主キリストは復活された
2009.04.19
わたしは知っている
2009.04.26
万事が益となる
2009.05.03
栄光への歩み
2009.05.10
渇いている人
2009.05.17
神が味方
2009.05.24
神の愛に結ばれて
2009.05.31
聖霊を受けた人々
2009.06.07
輝かしい勝利
2009.06.14
もう罪を犯してはならない
2009.06.21
永遠の命を受ける
2009.06.28
あなたの手に渡す
2009.07.05
わたしの確信
2009.07.12
わたしに従う者
2009.07.19
悲しみと痛みの中から
2009.07.26
神の言葉は貫かれる
2009.08.02
神の憐れみによって
2009.08.09
真実なる裁き
2009.08.16
我々はその時
2009.08.23
神に造られた器
2009.08.30
信仰による義
2009.09.06
神の義によって
2009.09.13
あなたたちは自由になる
2009.09.20
心で信じて、口で言い表し
2009.09.27
誇りは増し加わる
2009.10.04
信仰は聞くことから
2009.10.11
神の言葉を聞く者
2009.10.18
神はその民を見捨てられない
2009.10.25
人々の先頭に立って渡る
2009.11.01
勝利を賜る神
2009.11.08
決して死なない
2009.11.15
真実の言葉を話す
2009.11.22
躓きから救いへ
2009.11.29
聞かれない祈り
2009.12.06
神のご計画への信頼
2009.12.13
神の業が現れる(文書なし)
2009.12.20
神の愛が現れた
2010.01.03
神の秘められた計画
2010.01.10
あの人をどう思うか
2010.01.17
今日も生きている
2010.01.24
栄光が神に永遠に
2010.01.31
神の憐れみによる勧め
2010.02.07
なすべき礼拝
2010.02.14
正直に答えなさい
2010.02.21
心を新たにし
2010.02.28
己れを知る
2010.03.07
一つの体の部分として
2010.03.14
わたしに従いなさい
2010.03.21
賜物を生かす
2010.03.28
勇気をもって雄々しく