ホーム | 説教 | 説教(2009年度) | 神に造られた器

神に造られた器

説教要旨( 8月23日 朝礼拝)
イザヤ書 第45章 9~12節
ローマの信徒への手紙 第9章 19~29節
倉橋康夫

 冒頭でパウロは、<ところで、あなたは言うでしょう。「ではなぜ、神はなおも人を責められるのだろうか。だれが、神の御心に逆らうことができようか。」>、と言います。神が好きなように全てをなさっているのなら、人間を責めることなどできない筈ではないか、と。ここには、人には責任がないのであって、神にこそ責任がある、と言いたい人間の気持ちが反映されています。私たち自身を省みると、このような思いを少しも持ったことがない、とは言えない現実があると思います。神のなさることに抵抗できないままに、納得できず、何故、どうして、と不信を募らせてしまうのです。
 ところがパウロは、<20節 人よ、神に口答えするとは、あなたは何者か。>、と切り返します。人間とはそもそも何者か、と。そこで、パウロは、「造られた物と造った者」という、人間の存在根拠と言うべき事柄へと話を進めます。<20節 ・・・ 造られた物が造った者に、「どうしてわたしをこのように造ったのか」と言えるでしょうか。>、と言います。ここには、併せて読んだイザヤ書 第45章のイメージがあります。<9節 災いだ、土の器のかけらにすぎないのに/自分の造り主と争う者は。/粘土が陶工に言うだろうか/「何をしているのか、あなたの作ったものに取っ手がない」などと。>神に造られた自分、そして、このように生かされている自分。この自分を感謝して受け入れ、生きること。ここに神の祝福が現されます。<「どうしてわたしをこのように造ったのか」>などと言うべきではなく、神の自由な創造のみ業によって自分が存在していることを受け入れる。ここに、私たちの立つべき原点がある、と言うのです。
 パウロは更に、<焼き物師は同じ粘土から>、その用途に応じて、自由に器を造る、と言います。或る物を貴いことに用いる器に、他の物を貴くないことに用いる器に、と。貴くないことに用いる器とは、頑なエジプト王・ファラオのことかも知れない。或いは、イスカリオテのユダを思い出す人もいるでしょう。神のみ業は、醜く罪深い人間の有り様をくぐり抜けるようにして、進められました。そして最後に、主キリストの十字架の出来事です。ここで私たちは、自分こそが実は、一人のユダであったし、今なお、ユダになる可能性を秘めていることを思い起こすべきでしょう。このことは、次に語られる「怒りの器」と「憐れみの器」についても言えます。神の怒りを受ける器と神の憐れみに与る器のことです。神の怒りを受け滅びる筈であった者、と言う場合、私たちは、自分こそこの怒りの器でしかなかった、と思い起こされるからです。
 ユダヤ人は、自分たちこそ憐れみの器であって、異邦人は滅ぶべき怒りの器であると考えていました。しかしパウロは、異邦人を<怒りの器として滅びることになっていた者たち>と考えられていたが、救いに導くために寛大な心で耐え忍ばれ、また、ユダヤ人は憐れみに与るべき者だが、更に<御自分の豊かな栄光をお示しになるため>に神は耐え忍ばれたとするなら、全く違った視野を与えられるではないか、と言います。パウロは、神の救いのご計画についての新しい視点を提示するのです。
 この視点からパウロは、<24節 神はわたしたちを憐れみの器として、ユダヤ人からだけでなく、異邦人の中からも召し出しでくださいました。>、と言います。このように、パウロは、ユダヤ人であろうが異邦人であろうが、「神に造られた器」として神と向き合い、主キリストの出来事に触れ、福音を受け入れる時、神の怒りを受けるしかない器であった者たちが、神の憐れみに与る器とされるのだ、と言うのです。「神に造られた器」として、謙虚に、そしてただ、神の恵みによって救われ、生かされている者として、信仰の歩み、証しの生活を進め参りたいと思います。
 

誇る者は主を誇れ

説教要旨(10月3日 朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙二 10:12-18
牧師 藤盛勇紀

 パウロの伝道によって礎が築かれたコリント教会の様々な問題の背後には、偽教師たちの存在がありました。そうした教師たちについてパウロはこう言います。「わたしたちは、自己推薦する者たちと自分を同列に置いたり、比較したりしようなどとは思いません。彼らは仲間どうしで評価し合い、比較し合っていますが、愚かなことです」。それに対して「わたしたちは限度を超えては誇らず、神が割り当ててくださった範囲内で誇る、つまり、あなたがたのところまで行ったということで誇る」と言います。
 ここでまた「誇り」のことが取り上げられますが、「限度を超えては誇らず」「他人の労苦の結果を限度を超えて誇るようなことはしません」と、繰り返し「限度を超えない」と言います。「限度を超えては誇らない」とは、どういうことでしょうか?人の目や評価を気にして限度を弁えるということなのか。誇るにしても人の気分を害さない程度にしておくということなのか。そうではありません。人からどう思われ、どう評価されるかで限度を測るわけではありません。ではどんな限度なのか?
 パウロはここで「限度」「範囲内」「あなた方を越えた所」「他の人の領域(尺度)」といった言葉を繰り返します。《限度を弁える》ことが重要なテーマになっています。「誇る」こととの関係で、どんな限度や尺度があるのでしょうか。もし、ひと言で言うとすれば、《いつでも自分を主との関係で見ている》ことだと言ってよいでしょう。
 パウロは敵対者たちのことを「自己推薦」する人々だと言います。私にはこういう能力があり、こういう知識や経験がある。それについては他者からの評価もある。実際「推薦状」も持っている。だから私にはこういう可能性がある。そのように、自分の「売り」はこれだ、というものを持っていて、第三者からの客観的な高評価も付けられている人です。そうしたものを持っていること自体悪いことではありませんが、それを「売り」に生きるならば、常に他者からの評価を必要とします。自分を売り、人に買ってもらわないと先に進めない、生きられないのです。
 それに対してパウロは、人からの評価で自分の価値を確かめるような生き方をキリストの下で完全に捨てました。それまでは有利だと思っていたものの全ては、「糞土」だと分かり、「塵芥と見なす」と言いました。だから「評価し合い、比較し合う」というのは「愚かなこと」だというのです。
 自分が何者でありどんな価値があるのか、そしてどんな可能性があるのか、実際自分は何をなしてきたのか。そこには、人と比べながらの評価など一切入り込む余地はないのです。なぜならパウロは、キリストに捕らえられてから、自分の一切が神に買い取られて主のものとされていることを知ったからです。《主のものである私》こそが真実な私。《他人の目に写る私》とか《他者の評価の中にある私》は、実は私ではない。
 以前にも「推薦状」のことが取り上げられていましたが、そこでパウロは「あなた方が私の推薦状」だと言いました。パウロの働きや実績は、人からの評価など無くても、あなた方の存在が証ししている、あなた方がキリストに捕らえられ、神の命を与えられ、恵みによって生きる者とされたではないか。私の主が私を用いて働いてくださっていることの証しだと。だから、「誇る者は主を誇れ」と言うのです。
 あなたの造り主にして命の付与者であられる《あなたの主》を誇りとして生きるのでなければ、いつか失われる自分の何かを誇るか、人の評価や推薦状や成績表を誇って、それを売りに生きるしかありません。それは愚かなこと、空しいことではないか。私たちを贖い取って、生かし用いておられる主を見よ、このお方を誇ることこそ真に誇りを持って生きることだと言うのです。

説教一覧(2009年度)

2009.04.05
聖霊の執り成し
2009.04.12
主キリストは復活された
2009.04.19
わたしは知っている
2009.04.26
万事が益となる
2009.05.03
栄光への歩み
2009.05.10
渇いている人
2009.05.17
神が味方
2009.05.24
神の愛に結ばれて
2009.05.31
聖霊を受けた人々
2009.06.07
輝かしい勝利
2009.06.14
もう罪を犯してはならない
2009.06.21
永遠の命を受ける
2009.06.28
あなたの手に渡す
2009.07.05
わたしの確信
2009.07.12
わたしに従う者
2009.07.19
悲しみと痛みの中から
2009.07.26
神の言葉は貫かれる
2009.08.02
神の憐れみによって
2009.08.09
真実なる裁き
2009.08.16
我々はその時
2009.08.23
神に造られた器
2009.08.30
信仰による義
2009.09.06
神の義によって
2009.09.13
あなたたちは自由になる
2009.09.20
心で信じて、口で言い表し
2009.09.27
誇りは増し加わる
2009.10.04
信仰は聞くことから
2009.10.11
神の言葉を聞く者
2009.10.18
神はその民を見捨てられない
2009.10.25
人々の先頭に立って渡る
2009.11.01
勝利を賜る神
2009.11.08
決して死なない
2009.11.15
真実の言葉を話す
2009.11.22
躓きから救いへ
2009.11.29
聞かれない祈り
2009.12.06
神のご計画への信頼
2009.12.13
神の業が現れる(文書なし)
2009.12.20
神の愛が現れた
2010.01.03
神の秘められた計画
2010.01.10
あの人をどう思うか
2010.01.17
今日も生きている
2010.01.24
栄光が神に永遠に
2010.01.31
神の憐れみによる勧め
2010.02.07
なすべき礼拝
2010.02.14
正直に答えなさい
2010.02.21
心を新たにし
2010.02.28
己れを知る
2010.03.07
一つの体の部分として
2010.03.14
わたしに従いなさい
2010.03.21
賜物を生かす
2010.03.28
勇気をもって雄々しく