ホーム | 説教 | 説教(2012年度) | あの時のように、今も

あの時のように、今も

説教要旨(5月27日 朝礼拝)
イザヤ書 第63章7-10節
使徒言行録 第 11章1-18節
佐藤智子

 ユダヤ教の祝祭である五旬祭を迎えたこの日、聖霊が降るという出来事が起りました。聖霊によって満たされた弟子たちは、キリストの福音を深く受け止め、それを伝えていく言葉が与えられていきました。主イエス・キリストの十字架の死と復活の出来事を経て、聖霊に満たされ、神の僕とされた使徒たちは、キリストの福音の言葉を携え、それを地の果てに至るまで宣べ伝えていくようにされたのでした。御言葉と祈り、それを導く聖霊のお働きによって、教会は育まれていったのであります。
 その教会の営みにおいて、記憶されたのは、異邦人への伝道でありました。本日の聖書箇所は、異邦人部隊の隊長を務めるローマ人コルネリウスが、使徒ペトロとの出会いを経て、キリストの福音に触れ、信仰者とされたということを伝える記事であります。この出来事は第10章に記され、続くこの第11章においては、ペトロの独白という形で語り直されています。
 コルネリウスの所から戻ってきたばかりのペトロを、エルサレムにいたユダヤ人キリスト者たちは詰問しました。<あなたは割礼を受けていない者たちのところへ行き、一緒に食事をした>ユダヤ人キリスト者は、律法、そして割礼の問題に捕らわれていたようです。神の民ではない異邦人を、汚れた存在と捉え、交際することを禁じていました。交わりを形づくることになる「食事」を異邦人と共にするということは、あってはならないことだったわけです。このユダヤ人キリスト者たちに、ペトロは事の次第を説明しました。
 ペトロは、幻を見ました。食物規定上、汚れたものと考えられていた獣などが入った布のような入れ物が天から降ってくる、というものでした。屠って食べるように、との主の声に対し、これを拒否したペトロ。しかしペトロは、「神が清めた物を、清くないなどと、あなたは言ってはならない」との主の声を聞いたのでした。
 ペトロは霊に促されて、コルネリウスのところへ向かい、コルネリウスに「救いの言葉」である福音を語りました。すると、一同は聖霊に満たされ、コルネリウスたちは洗礼へと導かれたのでした。  
 それはまさしくあの、聖霊降臨日の出来事と同じでありました。あの日、聖霊が注がれ、満たされ、救いの出来事を語る言葉が起り、その言葉が聞かれ、救いの出来事が正しく受け止められたように、今コルネリウスのところにおいても、あの日と同じことが起ったことを、ペトロは知らされたのであります。コルネリウスたち異邦人の間においても、聖霊がお働きになり、主の御言葉が起こされ、聞かれ、救いの出来事がそこにも起ったのであります。そして、神が清めたものを、清くないなどと言うことはできないということに、ペトロは気がつかされました。そして、神さまのなさった、力ある救いの御業を、聖霊に満たされて、ペトロも改めて承認させられたことを、ペトロは証言しました。先ほどまで怒りをもって、ペトロを詰問したユダヤ人キリスト者たちは、このニュースを聞かされて、神をほめたたえる讃美が起こされたと記されています。
 あの時のように、今も。教会は、父・子・聖霊なる神さまのご支配の下に、御言葉が語れ、聞かれ、救いの出来事が承認されていくのであります。救いの出来事は過去の出来事にはならず、今この場所において、起こされるのであります。聖霊降臨の出来事も過去の出来事ではなく、その中で、信仰者が起こされ、喜びが起こされていく。教会が教会として養われていくのであります。神の絶大な力の下で、御言葉と祈りが与えられて、歩んでいく。あの時のように今も、この場所においても、私たちは聖霊降臨の出来事のただ中にあって、主の救いの御業を体験させていただいているのです。
 

誇る者は主を誇れ

説教要旨(10月3日 朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙二 10:12-18
牧師 藤盛勇紀

 パウロの伝道によって礎が築かれたコリント教会の様々な問題の背後には、偽教師たちの存在がありました。そうした教師たちについてパウロはこう言います。「わたしたちは、自己推薦する者たちと自分を同列に置いたり、比較したりしようなどとは思いません。彼らは仲間どうしで評価し合い、比較し合っていますが、愚かなことです」。それに対して「わたしたちは限度を超えては誇らず、神が割り当ててくださった範囲内で誇る、つまり、あなたがたのところまで行ったということで誇る」と言います。
 ここでまた「誇り」のことが取り上げられますが、「限度を超えては誇らず」「他人の労苦の結果を限度を超えて誇るようなことはしません」と、繰り返し「限度を超えない」と言います。「限度を超えては誇らない」とは、どういうことでしょうか?人の目や評価を気にして限度を弁えるということなのか。誇るにしても人の気分を害さない程度にしておくということなのか。そうではありません。人からどう思われ、どう評価されるかで限度を測るわけではありません。ではどんな限度なのか?
 パウロはここで「限度」「範囲内」「あなた方を越えた所」「他の人の領域(尺度)」といった言葉を繰り返します。《限度を弁える》ことが重要なテーマになっています。「誇る」こととの関係で、どんな限度や尺度があるのでしょうか。もし、ひと言で言うとすれば、《いつでも自分を主との関係で見ている》ことだと言ってよいでしょう。
 パウロは敵対者たちのことを「自己推薦」する人々だと言います。私にはこういう能力があり、こういう知識や経験がある。それについては他者からの評価もある。実際「推薦状」も持っている。だから私にはこういう可能性がある。そのように、自分の「売り」はこれだ、というものを持っていて、第三者からの客観的な高評価も付けられている人です。そうしたものを持っていること自体悪いことではありませんが、それを「売り」に生きるならば、常に他者からの評価を必要とします。自分を売り、人に買ってもらわないと先に進めない、生きられないのです。
 それに対してパウロは、人からの評価で自分の価値を確かめるような生き方をキリストの下で完全に捨てました。それまでは有利だと思っていたものの全ては、「糞土」だと分かり、「塵芥と見なす」と言いました。だから「評価し合い、比較し合う」というのは「愚かなこと」だというのです。
 自分が何者でありどんな価値があるのか、そしてどんな可能性があるのか、実際自分は何をなしてきたのか。そこには、人と比べながらの評価など一切入り込む余地はないのです。なぜならパウロは、キリストに捕らえられてから、自分の一切が神に買い取られて主のものとされていることを知ったからです。《主のものである私》こそが真実な私。《他人の目に写る私》とか《他者の評価の中にある私》は、実は私ではない。
 以前にも「推薦状」のことが取り上げられていましたが、そこでパウロは「あなた方が私の推薦状」だと言いました。パウロの働きや実績は、人からの評価など無くても、あなた方の存在が証ししている、あなた方がキリストに捕らえられ、神の命を与えられ、恵みによって生きる者とされたではないか。私の主が私を用いて働いてくださっていることの証しだと。だから、「誇る者は主を誇れ」と言うのです。
 あなたの造り主にして命の付与者であられる《あなたの主》を誇りとして生きるのでなければ、いつか失われる自分の何かを誇るか、人の評価や推薦状や成績表を誇って、それを売りに生きるしかありません。それは愚かなこと、空しいことではないか。私たちを贖い取って、生かし用いておられる主を見よ、このお方を誇ることこそ真に誇りを持って生きることだと言うのです。