ホーム | 説教 | 説教(2012年度) | 我らの罪をも赦したまえ

我らの罪をも赦したまえ

説教要旨(4月29日 夕礼拝 )
マタイによる福音書 第6章12,14~15節
上田容功

 与えられた箇所で、主イエスが弟子たちにお教えになられた祈りは、罪の赦しを求める祈りです。日毎の糧を求める祈りの直後に、罪の赦しを求める祈りが続けられています。私たちは、パンなしに生きることができないのと同じように、罪の赦しなしには生きられないのです。
 さらに、マタイによる福音書の「主の祈り」では、わたしたちの負い目を赦してください、と罪の赦しを求めることが、人を赦すことよりも先に祈られています。あなたがたはすでに罪赦され、恵みの下に生かされているのだから、その恵みの中で、互いの過ちを赦し合いなさい、と主は言われるのです。
 私たちは、主の十字架によって罪赦された者です。主は、私たちを愛し、罪の中から救い出すために、ご自身の命を十字架に差し出されたのです。私たちの罪が、ここでは、神に対する「負い目」として考えられています。神に背き、罪の中にあることを、福音書記者マタイは、神に対して負債を負っている、と言い表すのです。返済しなければならない借金を抱えている、それも自分では償うことができない、それが私たちの置かれている状態です。主は、神に対する負い目を抱え苦しんでいる私たちを憐れみ、その苦しみの中から救い出すために十字架へと向かわれたのです。
 聖書は、神さまがどのようなお方であるかを証言しています。聖書が証ししている神、それは、「赦しの神」です。旧約の民の間で受け継がれ、子供たち、孫たちに語り継がれてきたこと、それは、イスラエルの神は赦される神であるという信仰です。マタイによる福音書第18章に記されている例え話においても、神さまの無限に大きな赦しが証言されております。そこでは、家来の負っている一万タラントンの借金をゆるした王の姿を通して語られています。
 一万タラントンという金額は、思いもつかないような額です。王に対して一万タラントンを借金している家来に対して、始めは、自分も妻も子も財産すべてを売り払って返済しなさい、と言うのですが、家来を憐れに思った王は、その家来を赦し、借金をすべて帳消しにしたのです。この例え話が私たちに伝えようとしていることは、この王のように、神は無限の赦しを与えてくださるお方である、ということです。神さまの赦しは限りがないということをこの例え話は伝えるのです。
 王のそのような寛大さ対して、多額の負債をゆるされた僕は、自分に対して100デナリオンの借金を負っている仲間をゆるさなかった、と例え話は続きます。王の憐みと寛大なゆるしに感謝せず、仲間を借金を返すまで牢に入れてしまったのです。当時の労働者の平均的な一日の賃金が1デナリオンでしたので、100デナリオンは100日分の賃金となります。王から1万タラントンを免じてもらったにもかかわらず、100日分の賃金の借金をゆるすことができない。私たちは、神から莫大な借金を帳消しにしていただいたにもかかわらず、自分に対する隣人の些細な過ちを見過ごすことができないのです。
 人を赦すとき、痛みが伴います。自己犠牲を経験するのです。神が私たちの罪を赦すとき、愛する御独り子を犠牲にされました。主は、私たちの罪の赦しを、ご自身の命を十字架に捧げることによって実現されたのです。神の御子が流された尊い血によって、私たちの罪は赦され、清算されたのです。私たちは、今、神の招きに応え、主の十字架の前に立たされています。罪赦された者として、「主の祈り」を共に祈るように招かれています。この祈りは、「わたしたち」の祈りです。主の恵みの内で互いに受け入れ、共に罪赦された者として、神の御前で感謝と賛美を捧げる。そのような世界への招きの言葉を、主イエスはお語りになられました。
 

誇る者は主を誇れ

説教要旨(10月3日 朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙二 10:12-18
牧師 藤盛勇紀

 パウロの伝道によって礎が築かれたコリント教会の様々な問題の背後には、偽教師たちの存在がありました。そうした教師たちについてパウロはこう言います。「わたしたちは、自己推薦する者たちと自分を同列に置いたり、比較したりしようなどとは思いません。彼らは仲間どうしで評価し合い、比較し合っていますが、愚かなことです」。それに対して「わたしたちは限度を超えては誇らず、神が割り当ててくださった範囲内で誇る、つまり、あなたがたのところまで行ったということで誇る」と言います。
 ここでまた「誇り」のことが取り上げられますが、「限度を超えては誇らず」「他人の労苦の結果を限度を超えて誇るようなことはしません」と、繰り返し「限度を超えない」と言います。「限度を超えては誇らない」とは、どういうことでしょうか?人の目や評価を気にして限度を弁えるということなのか。誇るにしても人の気分を害さない程度にしておくということなのか。そうではありません。人からどう思われ、どう評価されるかで限度を測るわけではありません。ではどんな限度なのか?
 パウロはここで「限度」「範囲内」「あなた方を越えた所」「他の人の領域(尺度)」といった言葉を繰り返します。《限度を弁える》ことが重要なテーマになっています。「誇る」こととの関係で、どんな限度や尺度があるのでしょうか。もし、ひと言で言うとすれば、《いつでも自分を主との関係で見ている》ことだと言ってよいでしょう。
 パウロは敵対者たちのことを「自己推薦」する人々だと言います。私にはこういう能力があり、こういう知識や経験がある。それについては他者からの評価もある。実際「推薦状」も持っている。だから私にはこういう可能性がある。そのように、自分の「売り」はこれだ、というものを持っていて、第三者からの客観的な高評価も付けられている人です。そうしたものを持っていること自体悪いことではありませんが、それを「売り」に生きるならば、常に他者からの評価を必要とします。自分を売り、人に買ってもらわないと先に進めない、生きられないのです。
 それに対してパウロは、人からの評価で自分の価値を確かめるような生き方をキリストの下で完全に捨てました。それまでは有利だと思っていたものの全ては、「糞土」だと分かり、「塵芥と見なす」と言いました。だから「評価し合い、比較し合う」というのは「愚かなこと」だというのです。
 自分が何者でありどんな価値があるのか、そしてどんな可能性があるのか、実際自分は何をなしてきたのか。そこには、人と比べながらの評価など一切入り込む余地はないのです。なぜならパウロは、キリストに捕らえられてから、自分の一切が神に買い取られて主のものとされていることを知ったからです。《主のものである私》こそが真実な私。《他人の目に写る私》とか《他者の評価の中にある私》は、実は私ではない。
 以前にも「推薦状」のことが取り上げられていましたが、そこでパウロは「あなた方が私の推薦状」だと言いました。パウロの働きや実績は、人からの評価など無くても、あなた方の存在が証ししている、あなた方がキリストに捕らえられ、神の命を与えられ、恵みによって生きる者とされたではないか。私の主が私を用いて働いてくださっていることの証しだと。だから、「誇る者は主を誇れ」と言うのです。
 あなたの造り主にして命の付与者であられる《あなたの主》を誇りとして生きるのでなければ、いつか失われる自分の何かを誇るか、人の評価や推薦状や成績表を誇って、それを売りに生きるしかありません。それは愚かなこと、空しいことではないか。私たちを贖い取って、生かし用いておられる主を見よ、このお方を誇ることこそ真に誇りを持って生きることだと言うのです。