ホーム | 説教 | 説教(2012年度) | ガリラヤへ

手をとって起こしてくださる主

説教要旨(4月15日 朝礼拝)
イザヤ書 第41章8~14節
マルコによる福音書 第 1章29-34節
佐藤智子

 イエスさまは会堂を出て、シモンとアンデレの家に向かわれました。ヤコブとヨハネも一緒でした。
 シモンとアンデレの家には、シモンの姑がいました。シモンの姑は、熱を出して床に伏していました。姑について告げられたイエスさまは、熱を出して床に伏した状態のこの姑のもとに歩み寄られ、彼女の手をとって、引き起こされました。すると、熱は去り、彼女は一同をもてなし始めました。「熱」は、ここで擬人化されています。彼女を、床に伏させた状態にさせていた「熱」。「熱」が、人間に取りつき、病を起こさせ、床に伏させた状態に留め置き。日常生活を奪い、彼女の思いをも、縛りつけていたのです。
 この姑の許にイエスさまが来られました。イエスさまは、歩み寄ってくださり、御手を差し伸べ、手をとって起こしてくださったのです。じっと耐え忍んでいた者の、痛みや苦しみや嘆きに、イエスさまが歩み寄ってくださり、そこから手をとって起こしてくださったのです。<熱は去り、彼女は一同をもてなした>熱は去っていき、彼女は給仕を始めます。自分を、癒してくださった方を知り、心をこめて、仕え始めるのです。
夕方になり安息日が終わると、町中の人々が、病人や悪霊に取りつかれた者を皆、イエスさまのもとに連れて来ました。イエスさまは、このいろいろな病気にかかっている大勢の人たちを癒され、また多くの悪霊を追い出されました。いろいろな病気にかかっている一人ひとりを、イエスさまは御存知でおられました。何かに、体と心が支配され、身動きがとれず、苦しみと絶望の中に留め置かれていたすべての人を、イエスさまが癒されたのです。
 また、イエスさまは多くの悪霊を追い出され、悪霊にものを言うことをお許しになりませんでした。イエスさまは、イエスさまの正体を知って支配しようとする悪霊を黙らせて、反抗する力を奪い、追い出されたのでした。
 このようにしてイエスさまは、会堂で、またシモンとアンデレの家で、いろいろな「病」にかかっている人、悪霊に取りつかれている人、すべての人を癒されました。
 私たちの間にも、シモンのしゅうとめがかかっていた「熱病」という「病」のように、私たちの心と体を支配して、身動きをとれなくさせ、寝床に漂わせる「病」があります。神さまの御心を求めることをやめて、自己中心的に生きようとする「病」が私たちの間にもあります。
しかしイエスさまは、この私たちにも歩み寄ってくださる。熱に浮かされ、寝床に漂い、身動きがとれなくなっている私たちのところに、イエスさまの方から、歩み寄ってくださるのです。そして、手をとって起こしてくださるのです。
私たちの手をとってくださる、イエスさまの御手には、傷跡があります。私たちのためにお架かりくださった十字架において、受けてくださった傷です。その傷跡から、私たちは知らされるのです。イエスさまが私たちの「病」を知り、痛みを担って、十字架にお架かりくださったことを。私たちのために、ご自身を最も低くされ、ささげつくしてくださった救い主のお姿を、私たちは知らされるのです。この方が、私たちの手をとって起こしてくださり、私たちをもう一度神さまのもとへ、本来生きるべき道へと、連れ戻してくださいます。私たちを癒し、今も後も変わらずに、救いの御業のうちに生かし続けてくださる主が、あの救いの右の手で、私たちの罪にまみれた手をとって起こしてくださいます。私たちは、感謝をもって、この方の手をしっかり握り、そして、この方のために心をこめてお仕えしようではありませんか。
 

誇る者は主を誇れ

説教要旨(10月3日 朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙二 10:12-18
牧師 藤盛勇紀

 パウロの伝道によって礎が築かれたコリント教会の様々な問題の背後には、偽教師たちの存在がありました。そうした教師たちについてパウロはこう言います。「わたしたちは、自己推薦する者たちと自分を同列に置いたり、比較したりしようなどとは思いません。彼らは仲間どうしで評価し合い、比較し合っていますが、愚かなことです」。それに対して「わたしたちは限度を超えては誇らず、神が割り当ててくださった範囲内で誇る、つまり、あなたがたのところまで行ったということで誇る」と言います。
 ここでまた「誇り」のことが取り上げられますが、「限度を超えては誇らず」「他人の労苦の結果を限度を超えて誇るようなことはしません」と、繰り返し「限度を超えない」と言います。「限度を超えては誇らない」とは、どういうことでしょうか?人の目や評価を気にして限度を弁えるということなのか。誇るにしても人の気分を害さない程度にしておくということなのか。そうではありません。人からどう思われ、どう評価されるかで限度を測るわけではありません。ではどんな限度なのか?
 パウロはここで「限度」「範囲内」「あなた方を越えた所」「他の人の領域(尺度)」といった言葉を繰り返します。《限度を弁える》ことが重要なテーマになっています。「誇る」こととの関係で、どんな限度や尺度があるのでしょうか。もし、ひと言で言うとすれば、《いつでも自分を主との関係で見ている》ことだと言ってよいでしょう。
 パウロは敵対者たちのことを「自己推薦」する人々だと言います。私にはこういう能力があり、こういう知識や経験がある。それについては他者からの評価もある。実際「推薦状」も持っている。だから私にはこういう可能性がある。そのように、自分の「売り」はこれだ、というものを持っていて、第三者からの客観的な高評価も付けられている人です。そうしたものを持っていること自体悪いことではありませんが、それを「売り」に生きるならば、常に他者からの評価を必要とします。自分を売り、人に買ってもらわないと先に進めない、生きられないのです。
 それに対してパウロは、人からの評価で自分の価値を確かめるような生き方をキリストの下で完全に捨てました。それまでは有利だと思っていたものの全ては、「糞土」だと分かり、「塵芥と見なす」と言いました。だから「評価し合い、比較し合う」というのは「愚かなこと」だというのです。
 自分が何者でありどんな価値があるのか、そしてどんな可能性があるのか、実際自分は何をなしてきたのか。そこには、人と比べながらの評価など一切入り込む余地はないのです。なぜならパウロは、キリストに捕らえられてから、自分の一切が神に買い取られて主のものとされていることを知ったからです。《主のものである私》こそが真実な私。《他人の目に写る私》とか《他者の評価の中にある私》は、実は私ではない。
 以前にも「推薦状」のことが取り上げられていましたが、そこでパウロは「あなた方が私の推薦状」だと言いました。パウロの働きや実績は、人からの評価など無くても、あなた方の存在が証ししている、あなた方がキリストに捕らえられ、神の命を与えられ、恵みによって生きる者とされたではないか。私の主が私を用いて働いてくださっていることの証しだと。だから、「誇る者は主を誇れ」と言うのです。
 あなたの造り主にして命の付与者であられる《あなたの主》を誇りとして生きるのでなければ、いつか失われる自分の何かを誇るか、人の評価や推薦状や成績表を誇って、それを売りに生きるしかありません。それは愚かなこと、空しいことではないか。私たちを贖い取って、生かし用いておられる主を見よ、このお方を誇ることこそ真に誇りを持って生きることだと言うのです。