ホーム | 説教 | 説教(2022年度) | 共に福音に与るために

共に福音に与るために

説教要旨(10月30日 朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙一 9:19-23
牧師 藤盛勇紀

 「私は誰に対しても自由な者」だとパウロは言います。8章からのテーマでもありますが、自由について語れば様々な議論が起こります。しかしパウロは、言葉や概念をこねくり回すような空しいことはせず、コリントの人たちに対して、自由なパウロ自身を見せようとしているのです。「ユダヤ人に対しては、ユダヤ人のようになり、律法に支配されている人に対しては、…律法に支配されている人のようになり、律法を持たない人に対しては、律法を持たない人のようになり、すべての人に対してすべてのものになった」。もしパウロが日本に来たなら、日本人のようになった。そのように自由に伝道したのは、「何とかして何人かでも救うため」です。
 パウロが常に強調していることは、救われるのは行いによらず、ただ信仰による、ということです。ユダヤ人が生命線として手放すことのなかった律法の行いから、私たちは完全に自由にされている。私たちが何かを行ったからではない、何かをなし得たからでもない、ただ神の《恵みのみ》。それをいただく《信仰のみ》だと。
 ところがパウロは、ユダヤ人たちの間では、あえて律法に従って見せました。そこまで自由だったのです。パウロは「割礼の有無は問題ではない」と繰り返し語ります。しかし、ユダヤ人の間で伝道する時は、「ユダヤ人の手前、彼(テモテ)に割礼を授け」、エルサレム教会を訪ねた時も、ヤコブや長老たちの勧めに従って、あえて律法の規定通りの儀式を行って、律法を守る姿勢を示したこともありました。パウロには、《こうでなければ》といった縛りはありません。その時々に、自由な態度決定をするのです。それは8章の初めに出てきた、《偶像に供えられた肉を食べてもよいのか悪いのか》といった問題についても、自由をもって判断しました。何を食べようと自由だが、信仰や良心の弱い人がいたら、自分も肉を食べないと決めるのです。
 イエスは「真理はあなたがたを自由にする」と言われ、互いに愛し合うことのみを新しい律法となさいました。パウロも「互いに愛し合うことのほかは、だれに対しても借りがあってはなりません」と言います。何をするのが善く、何が悪いのか、予め決まっているわけではなく、キリストの律法である《愛に基づいて》、自由な者として判断するのです。
 この自由は単なる理念ではなく、学者が見出した概念でもありません。キリストの御業によって罪の縄目から解き放たれた者の、生そのものです。キリストによって生かされた者が、事実自由なのです。この自由には具体的な由来があり方向があります。根拠も目的もある自由。キリストの血によって、私を贖い取ってくださった主なる神の御業による自由、福音による自由です。
 だから、パウロは「何とかして何人かでも救うため」「福音のためなら、わたしはどんなことでもします」と大胆に宣言します。「福音のために」私たちはあらゆることから自由にされているし、あらゆることを自由に用いる用意があります。自由にはこうして目的があるから、こう言うことができました。「わたしは、だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました。できるだけ多くの人を得るためです」。
 パウロは自らの自由をただ「福音」のために用います。「わたしが福音に共にあずかる者となるため」なのだと。この言葉は不思議です。すでに福音の恵みに与っているのに、なぜ今さら「福音に共にあずかる者となるため」と言うのか。これは、福音に与った者が、福音によって生きて行くことなのです。福音は、何かの知識や新しい考え方や思想ではありません。福音は、それ自体が命なのです。「わたしは真理であり命であり道である」と主は言われました。私たちはこの方によって命を与えられ、生かされ、導かれ、完成させられる、その真理の道を歩んでいます。福音は主イエスご自身なのです。この方と共に生き、この方が示されるところを目指し、共に福音に与る者となりながら、歩み続けます。