ホーム | 説教 | 説教(2021年度) | 新しい人の創造

新しい人の創造

説教要旨(5月30日朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙二 5:13-21
牧師 藤盛勇紀

 日本を代表する作家のOさんが、あるテレビ番組で自身のテーマである「新しい人」について語りました。聖書のエフェソ書に出てくる言葉で、キリストのことなのだと言い、自分はこの「新しい人」の現れを期待している、しかも「全く恵みとしてやってくる」「祈りの中で待つ」のだと言います。ただ、「自分はクリスチャンの一歩手前の所で考え、表現したいのだ」とのことでした。私もかつてキリスト信仰の一歩手前で立ち止まって外から手を伸ばすような時期がありました。クリスチャンになってしまうと、普通でなくなるというか《別の世界へ》行ってしまうような気がして恐いからです。
 しかし、一歩手前にいるならば、いくら「新しい人」に期待をしても、残念ながら、その「新しさ」に与ることはできません。どれほど多くを学んで、様々な経験を積み、大きく成長したとしても、「古い人」は「古い人」のままです。ではどうするのか?
 人目を避けてこっそりとイエスを訪ねたユダヤ教の指導者ニコデモも(ヨハネ3章)、「人は新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」とイエス様から言われ、それを受け入れることができませんでした。聖書はこう言います。「キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです」。キリストと結ばれることを避けて、自分で自分をなんとかしようとする限り、古い人のままです。ただ、ニコデモはイエス様の十字架の死の下で一歩踏み出しました。アリマタヤのヨセフと共にイエス様のご遺体を引き受けたのです。周囲のユダヤ人たちは驚愕したでしょう。「ニコデモ先生、大丈夫か? 気でも狂ったのか?」と。
 パウロはこう言います。「わたしたちが正気でないとするなら、それは神のため(神に対して)であった」。《ふつうの人》にとっては、キリストと結ばれるとか神と交わるといったことは、何か「正気でない」ことのようで怖いのです。確かに、宗教は正気でない面があるので、気をつけるべきです。
 「正気でない」とは、ある英訳は、"beside Ourselves"となっていました。取り乱した様子のことですが、「自分自身から外れる」といったニュアンスの言葉です。神の前では、自分からズレてしまう。ある人は、クリスチャンはエキセントリック"eccentric"だと言いました。言わば「変人」ですが、中心がズレているのです。しかしそれは、もはや《自分が中心》ではなく、《自分の外に中心がある》からです。私という存在と命の源である神によって生きる《変人》こそ「新しい人」であって、それが本来の人間なのです。なぜそうなるのか?「キリストの愛がわたしたちを駆り立てているからです」。この「一人の方」キリストが、私たち全ての者のために「死んでくださった」からだと語られます。
 「ために」とは「身代わりに」。まさに「罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです」。私たちは罪とその呪いから解放され、神との関係が回復されています。だから神の前に生きるにも、死ぬにしても、もう何の心配もする必要がなくなりました。古い私はすでにキリストと共に十字架につけられているので、新しい人として生きてよい。ここに「新しく創造された人」、新人類があります。世の人からしたら、「大丈夫か?」と思われる「変人」でしょう。
 しかし、そう信じて受け入れた者には、キリストの愛が迫って、駆り立てているのだと聖書は言うのです。自分中心・人間中心ではなく、エキセントリックになって、私たちを造り、生きる者としてくださった《神中心・キリスト中心》に生きる。《キリストが死んでくださったほどに、この私が神に愛され生かされている》。それを現して生きてよいのです。私たちは真に神の作品なのですから。

誇る者は主を誇れ

説教要旨(10月3日 朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙二 10:12-18
牧師 藤盛勇紀

 パウロの伝道によって礎が築かれたコリント教会の様々な問題の背後には、偽教師たちの存在がありました。そうした教師たちについてパウロはこう言います。「わたしたちは、自己推薦する者たちと自分を同列に置いたり、比較したりしようなどとは思いません。彼らは仲間どうしで評価し合い、比較し合っていますが、愚かなことです」。それに対して「わたしたちは限度を超えては誇らず、神が割り当ててくださった範囲内で誇る、つまり、あなたがたのところまで行ったということで誇る」と言います。
 ここでまた「誇り」のことが取り上げられますが、「限度を超えては誇らず」「他人の労苦の結果を限度を超えて誇るようなことはしません」と、繰り返し「限度を超えない」と言います。「限度を超えては誇らない」とは、どういうことでしょうか?人の目や評価を気にして限度を弁えるということなのか。誇るにしても人の気分を害さない程度にしておくということなのか。そうではありません。人からどう思われ、どう評価されるかで限度を測るわけではありません。ではどんな限度なのか?
 パウロはここで「限度」「範囲内」「あなた方を越えた所」「他の人の領域(尺度)」といった言葉を繰り返します。《限度を弁える》ことが重要なテーマになっています。「誇る」こととの関係で、どんな限度や尺度があるのでしょうか。もし、ひと言で言うとすれば、《いつでも自分を主との関係で見ている》ことだと言ってよいでしょう。
 パウロは敵対者たちのことを「自己推薦」する人々だと言います。私にはこういう能力があり、こういう知識や経験がある。それについては他者からの評価もある。実際「推薦状」も持っている。だから私にはこういう可能性がある。そのように、自分の「売り」はこれだ、というものを持っていて、第三者からの客観的な高評価も付けられている人です。そうしたものを持っていること自体悪いことではありませんが、それを「売り」に生きるならば、常に他者からの評価を必要とします。自分を売り、人に買ってもらわないと先に進めない、生きられないのです。
 それに対してパウロは、人からの評価で自分の価値を確かめるような生き方をキリストの下で完全に捨てました。それまでは有利だと思っていたものの全ては、「糞土」だと分かり、「塵芥と見なす」と言いました。だから「評価し合い、比較し合う」というのは「愚かなこと」だというのです。
 自分が何者でありどんな価値があるのか、そしてどんな可能性があるのか、実際自分は何をなしてきたのか。そこには、人と比べながらの評価など一切入り込む余地はないのです。なぜならパウロは、キリストに捕らえられてから、自分の一切が神に買い取られて主のものとされていることを知ったからです。《主のものである私》こそが真実な私。《他人の目に写る私》とか《他者の評価の中にある私》は、実は私ではない。
 以前にも「推薦状」のことが取り上げられていましたが、そこでパウロは「あなた方が私の推薦状」だと言いました。パウロの働きや実績は、人からの評価など無くても、あなた方の存在が証ししている、あなた方がキリストに捕らえられ、神の命を与えられ、恵みによって生きる者とされたではないか。私の主が私を用いて働いてくださっていることの証しだと。だから、「誇る者は主を誇れ」と言うのです。
 あなたの造り主にして命の付与者であられる《あなたの主》を誇りとして生きるのでなければ、いつか失われる自分の何かを誇るか、人の評価や推薦状や成績表を誇って、それを売りに生きるしかありません。それは愚かなこと、空しいことではないか。私たちを贖い取って、生かし用いておられる主を見よ、このお方を誇ることこそ真に誇りを持って生きることだと言うのです。