ホーム | 説教 | 説教(2023年度) | 復活の希望による力

復活の希望による力

説教要旨(6月25日 朝礼拝より)
コリントの信徒への手紙一 15:29-34
牧師  藤盛勇紀

 「なぜわたしたちはいつも危険を冒しているのですか」「わたしは日々死んでいます。単に人間的な動機からエフェソで野獣と闘ったとしたら、わたしに何の得があったでしょう」。こんな出来事があったのでしょうか。パウロの人生からすれば不思議はありません。パウロは命を惜しんではいないし、自分を誇ることも一切なく、そんな自分の経験に囚われることも全くありません。パウロがそのように自由に生きられたのはなぜでしょうか。
 「主キリスト・イエスに結ばれてわたしが持つ、あなたがたに対する誇り」と言います。誇りについてパウロは、「だれ一人、神の前で誇ることがないように」「人間を誇ってはなりません」と言い、「誇る者は主を誇れ」と繰り返し言っています。「誇る」は「喜ぶ」でもあります。私たちが何かを誇る時、必ず喜んでいますが、自分を誇っていません。たとえば、自分が信頼しているチームが優勝した時のように。パウロが言う誇りは、「キリスト・イエスに結ばれて」いる事実です。自分は確かにイエスの死に結ばれ、復活の命に与っている。そして、この肉体の死の後には、朽ちることのない体に復活させられる。
 祈祷会ではローマ書を学んでいて、5章に入りました。私たちは信仰によって義とされたが、それで私たちはどんな者になっているのか、その恵みを確認するような箇所です。私たちは「神との間に平和を得て」いると言います。私たちに下されるはずの神の怒りは、十字架のイエスに下された。その死によって、神の怒りは静められ、神はもう私たちに対する怒りを持っておられないのです。
 そして今、私たちはキリストと共に復活させられています。エフェソ書が語るように、私たちはキリストと共に天に座しています(2:4-6)。体の贖いはまだだですが、霊はすでに新しい人となっている。だからパウロは、「神の栄光にあずかる希望を誇りにしています」(ローマ5:2)と言うのです。
 もし「復活などない」と言うなら、この世での生活にのみ意味を見い出して生きるしかなく、この世に閉じ、真の希望を持てません。現世的・刹那的な生き方をもたらすことになるのは当然です。
 私たちは、何かが上手く行ったり行かなかったり、成功したり失敗したりで、上がったり下がったりします。イエス様の弟子たちもある時、悪霊を追い出そうとしてできませんでした。ところが別の日に成功して有頂天になりました。しかし主は、そのことで喜ぶな、むしろ「あなたがたの名が天に書き記されていることを喜べ」と言われました(ルカ10:20)。
 あなたの出来・不出来じゃない。あなたの名はすでに天に記されているのだ! あなたはキリストにあって復活し、すでに天に座している。あなたの人生は確かなのだ。いつでもどこでも喜べる。何かを手に入れたかどうかで人生を計っていたら、あなたはその何かに支配されてしまっているではないか。しかしあなたはすでに神に喜ばれている。キリストにあって和解させられたのだ。だからあなたの父は、いつでもどこでも、あなたを迎えてくださっている。あの放蕩息子の父のように(ルカ15章)。あなたは、そういうあなたに、復活させられているのだ! キリストと共に神の子、神の相続人とされているのだ!と聖書は語っているのです。
 だから「復活などない」と考える人がいるということが、パウロには不可解なのです。「神について何も知らない人がいる」とは、極めて厳しい言葉です。「あなたがたを恥じ入らせるため」だと。復活を否定することは「恥じ入る」べきことです。なぜなら「誇り」と「喜び」を失っているからです。誇りとする「主」を失ってしまっているのです。
 しかし主は、何があってもあなたを見失わず、見ておられます。あなたを見て怒っているのではなく、喜んで期待して、あなたを子として見ています。あなたがいつでもどこでも「主よ」「父よ」「アッバ!」と呼ぶことを大いに喜んでおられます。そのような真実な神の子として、復活させられているのです。

説教一覧(2023年度)

2023.4.2
霊で祈り、理性で祈る
2023.4.9
あなた方に平安あれ
2023.4.16
全生涯続く喜び
2023.4.23
秩序と平和の神
2023.4.30
熱意とバランス
2023.5.7
神の恵みが現れた
2023.5.14
何を求めているのか
2023.5.21
最も惨めな者
2023.5.28
アッバ、父よ
2023.6.4
一人の一人による新しい命
2023.6.11
裁くことからの自由
2023.6.18
聖霊によって語り、聞く
2023.6.25
復活の希望による力
2023.7.2
最後のアダムは命の霊
2023.7.9
死よ、お前に勝利はない
2023.7.16
伝道の幻と戦い
2023.7.23
天地を結ぶ
2023.7.30
雄々しく、強くあれ
2023.8.6
マラナ・タ
2023.8.13
憐みに胸を痛める神
2023.8.20
イエス・キリストの系図
2023.8.27
イエス・キリストの誕生
2023.9.3
あの方の星に導かれて
2023.9.10
希望への退避
2023.9.17
天の記録
2023.9.24
神が近づいた
2023.10.1
壮大な業の開始
2023.10.8
神の前に一人で立つ
2023.10.15
悪魔に対抗する道
2023.10.22
メシアの伝道
2023.10.29
神の国は進む
2023.11.5
イエスに従う者たち
2023.11.12
神の義と愛
2023.11.19
神の愛に包まれた者
2023.11.26
主の奇蹟の時
2023.12.3
大いに喜べ
2023.12.10
ヒゼキヤの信仰
2023.12.17
地の塩、世の光
2023.12.24
飼い葉桶のメシア
2023.12.31
神の国に入る者
2024.1.7
なぜ腹を立てるのか
2024.1.14
永遠なる御父の宮
2024.1.21
祝福された関係
2024.1.28
主の真実を信じる
2024.2.4
太陽を昇らせ、雨を降らせ
2024.2.11
安心して行きなさい
2024.2.18
人の報いと神の報い
2024.2.25
あなたが祈るときには
2024.3.3
天の父よ
2024.3.10
いのち注ぐ恵み
2024.3.17
神の国を味わう
2024.3.24
十字架の神の御名
2024.3.31
そこで私に会うことになる