ホーム | 説教 | 説教(2023年度) | 祝福された関係

祝福された関係

説教要旨(1月21日 朝礼拝)
マタイによる福音書 5:27-32
牧師 藤盛勇紀

 「姦淫するな」の戒めに関して、キリスト教は情欲・性欲・肉欲を否定しているか、などという議論もあると思いますが、聖書はそうした人間の欲を否定していません。イエス様は同じ言葉を繰り返されます。「あなたがたも聞いているとおり、昔の人は、…と命じられている」。21節でも次回の33節でも、38節、43節で繰り返されます。聖書に記された律法と、その律法を守るために、昔から言い伝えられた口伝律法です。しかしイエス様は、「しかし、わたしは言っておく」と、律法で命じられることの真意、律法に表された神の御心を示されたのです。
 それを理解するための大原則があります。「神は外に表された人の行いではなく、その人の内面、心を見られる」ということです。だから、行いによっては義とされず、救われないのです。神は心をご覧になるからです。
 前の箇所では「殺すな」との律法について触れられました。律法は、殺人という行為を問題にします。しかしイエス様は、心の中で「兄弟に腹を立てる者」は裁きを免れない、と言われるのです。今日の箇所でも、「みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯した」と言われます。
 神は心の中をご覧になる。それで、ある人は「性欲、肉欲そのものが罪なのだ、悪なのだ」と考え、何とか心から切り離そうと、修行のような精神的な戦いを自分に強います。しかし神は、性欲を否定したり、罪悪としてはおられません。神は肉を持った人間を造られました。私たちのこの体には食欲、性欲、睡眠欲が当然にあります。それを捨てたら人間は滅びます。ただ、そうした欲望は際限が無くなることがあります。
 肉欲を完全に絶とうとすることも、肉欲に従おうとすることも、神がお造りになった人間に求めておられることではありません。主なる神が人を造られたとき、神は人に対して、命じられました。「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ」。神は人を、地を従わせる者、支配する者とされたのです。世に《支配されるもの》ではありません。
 人類最初の兄弟の兄カインは、神を礼拝している時に弟アベルと神に対し、激しい怒りを抱きました。その時、神はカインに言われました。「罪は戸口で待ち伏せており、お前を求める。お前はそれを支配せねばならない」。
 私たち人間は、神のかたちに造られた神の作品です。神以外のものに支配されてはならないのです。しかし、私たちが肉欲に自分を支配させてしまう時、私たちは自分をも他者をも傷つけ、破壊することになります。
 「みだらな思い」で人を見るとき、まさに罪が戸口で待ち伏せています。私たちはそれを支配しなければなりません。「目」は、罪に支配されて生きる道への入り口。「手」は、入って来たものを具体化させる道具、道です。
 性欲に限らず、欲望が出てくるのは当然で必要なことです。しかし、それをどこに位置付けるのか。ルターは、鳥が私たちの頭の上を飛ぶのは止められないが、鳥が私たちの頭に巣を作るのは止められる、と言いました。欲が生まれるのは自然で、必要です。しかし、それに自分を支配させるなというのです。欲に支配されてしまった時、私たちは、人間としてあるべき健やかな生き方を保つことができなくなり、むしろ自分や他者を破壊してしまいます。それは、命を失うことです。
 人間は、神の愛と憐れみと慈しみのもとで、その愛を現す「かたち」に造られました。それは「男と女」だったと聖書は語ります。そして神は、「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ」と祝福し、使命を与えられました。この、本来神に祝福され、神に造られた人としての生き方を取り戻すために、キリストは人となって来られました。この方は、律法による裁きをも十字架で負ってくださいました。だから私たちは、律法の裁きを恐れて従うのでなく、赦しと祝福のもとに、安心して、律法に表された神の願いに向かって生きることができます。

説教一覧(2023年度)

2023.4.2
霊で祈り、理性で祈る
2023.4.9
あなた方に平安あれ
2023.4.16
全生涯続く喜び
2023.4.23
秩序と平和の神
2023.4.30
熱意とバランス
2023.5.7
神の恵みが現れた
2023.5.14
何を求めているのか
2023.5.21
最も惨めな者
2023.5.28
アッバ、父よ
2023.6.4
一人の一人による新しい命
2023.6.11
裁くことからの自由
2023.6.18
聖霊によって語り、聞く
2023.6.25
復活の希望による力
2023.7.2
最後のアダムは命の霊
2023.7.9
死よ、お前に勝利はない
2023.7.16
伝道の幻と戦い
2023.7.23
天地を結ぶ
2023.7.30
雄々しく、強くあれ
2023.8.6
マラナ・タ
2023.8.13
憐みに胸を痛める神
2023.8.20
イエス・キリストの系図
2023.8.27
イエス・キリストの誕生
2023.9.3
あの方の星に導かれて
2023.9.10
希望への退避
2023.9.17
天の記録
2023.9.24
神が近づいた
2023.10.1
壮大な業の開始
2023.10.8
神の前に一人で立つ
2023.10.15
悪魔に対抗する道
2023.10.22
メシアの伝道
2023.10.29
神の国は進む
2023.11.5
イエスに従う者たち
2023.11.12
神の義と愛
2023.11.19
神の愛に包まれた者
2023.11.26
主の奇蹟の時
2023.12.3
大いに喜べ
2023.12.10
ヒゼキヤの信仰
2023.12.17
地の塩、世の光
2023.12.24
飼い葉桶のメシア
2023.12.31
神の国に入る者
2024.1.7
なぜ腹を立てるのか
2024.1.14
永遠なる御父の宮
2024.1.21
祝福された関係
2024.1.28
主の真実を信じる
2024.2.4
太陽を昇らせ、雨を降らせ
2024.2.11
安心して行きなさい