ホーム | 説教 | 説教(2023年度) | あの方の星に導かれて

あの方の星に導かれて

説教要旨(9月3日 朝礼拝より)
マタイによる福音書 2:1-12
牧師  藤盛勇紀

 クリスマスの物語として有名な「三人の博士」の話です。「占星術の学者」と言うと怪しげに聞こえますが、気象や天候や政治状況の変化も占い、国家の中枢で政策決定にかかわってた人たちだったのでしょう。彼らがなぜ、地位や生活を捨てるように旅立ったのか。あの星が彼らに何を示したのか。それは、新しい王の誕生でした。彼らは世の支配者の栄枯盛衰も知っていました。そんな儚いものより、確かで真実な拠り所はないのか。彼らの飢え渇きに応えるように、神が示したサインがあった。それを彼らは見逃さなかったのです。
 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか」。彼らの来訪は、ヘロデ王もエルサレムの人々をも不安にさせます。どこの誰か分からない新たな王の誕生は、新たな混乱や戦いを予感させます。学者たちは、誰が王なのかも知らずに旅立ちました。危うく頼りない旅です。しかし、全ての人間の人生がそうでしょう。気づいたら、人生の旅が始まっていた。不安な旅です。止めるわけにもいかない。いつまで続くのかさえ分からない。だからこそ、何に拠って行けばいいのか知りたい。どこへ向かう、どんな旅なのか。そのしるしがほしい。
 学者たちは星に導かれ、小さな村で「王」を見出しました。そこにいたのは、名も無い貧しい夫婦の幼子。しかも、旅の途中で生まれ、飼い葉桶に寝かせられた幼子。思いもしなかった貧しさの極み。彼らは王に会うために、人生を賭けて来ました。王に献げる黄金、乳香、没薬の宝物も用意して。その果てに見出したのは、この貧しい赤ん坊。しかもそれを、ヘロデの宮殿から下ってきて見たのです。
 もしも彼らが、富や力や栄誉を期待してここまで来たのだとしたら、愕然とし、絶望したでしょう。「いったい俺たちは何のためにここまで…」。また当てもなく、他の何かに賭けて生きるしかないのか。
 しかし、彼らの旅はここで終わったのです。彼らを導いた星が、そこに「止まった」からです。止まった星が「ここだ!」「この幼子なのだ!」と告げる。もうよそへ探しに行かなくていい。もう他に賭けなくていい。自分探しの旅も終わった。動かないこの星が、彼ら自身も思いもしない喜びとなりました。
 彼らはなぜ、幼子イエスを真の王と信じたのでしょうか? なぜ、星というしるしに、人生を賭けられたのか。真の王、救い主は、「ユダヤ人の王」として生まれる。彼らはそれを知ってた。ユダヤ人の聖書を、その預言を知っていたのです。それが、なぜか彼らが見上げていた星と結びついた。星が彼らにとってしるしとなり、彼らの導きとなりました。
 詩編8編の言葉などを通して、無きに等しい者への神の憐れみを知っていたのかも知れません。異邦人をも祝福と憐れみの内に招かれる、聖書の神、創造主なる神が、彼らが毎日見ていたものをも用いて、導いておられる。それを悟ったのでしょう。
 生きて導かれる神を知った者は、人生の方向きが変えられ、基盤、起点が与えられます。彼らは幸いにも、真の王にして救い主である方の許に導かれて、大きな喜びで満たされました。しかし、この貧しい幼子がどのようにして自分たちの王となられるのか、まだ知りません。彼らが礼拝した幼子は、やがて大いなる力を発揮されます。真の王でありながら、ご自分の民に捨てられ、十字架につけられ、全く無力な王となってです。人を救い命を与えるために大いなる力を現された。しかし、ご自身のためには全く無力な者となり、神でありながら、ご自身を与え尽くされました。だから、無力な幼子としてご自身を現されたのは、このお方に相応しかった。この貧しさの極みのただ中に、主は来られた。ここに、私たちを導くしるしあります。ここで。主の御声を聞くのです。ここでよいのだ、私のものとして生きてよいのだと。
 恵みによって召された集いは、キリストのからだです。私たちが真の王の星、生ける主のしるしです。だから私たちは小さな群でも、世界に向かって「ここだ!」と告げるのです。

説教一覧(2023年度)

2023.4.2
霊で祈り、理性で祈る
2023.4.9
あなた方に平安あれ
2023.4.16
全生涯続く喜び
2023.4.23
秩序と平和の神
2023.4.30
熱意とバランス
2023.5.7
神の恵みが現れた
2023.5.14
何を求めているのか
2023.5.21
最も惨めな者
2023.5.28
アッバ、父よ
2023.6.4
一人の一人による新しい命
2023.6.11
裁くことからの自由
2023.6.18
聖霊によって語り、聞く
2023.6.25
復活の希望による力
2023.7.2
最後のアダムは命の霊
2023.7.9
死よ、お前に勝利はない
2023.7.16
伝道の幻と戦い
2023.7.23
天地を結ぶ
2023.7.30
雄々しく、強くあれ
2023.8.6
マラナ・タ
2023.8.13
憐みに胸を痛める神
2023.8.20
イエス・キリストの系図
2023.8.27
イエス・キリストの誕生
2023.9.3
あの方の星に導かれて
2023.9.10
希望への退避
2023.9.17
天の記録
2023.9.24
神が近づいた
2023.10.1
壮大な業の開始
2023.10.8
神の前に一人で立つ
2023.10.15
悪魔に対抗する道
2023.10.22
メシアの伝道
2023.10.29
神の国は進む
2023.11.5
イエスに従う者たち
2023.11.12
神の義と愛
2023.11.19
神の愛に包まれた者
2023.11.26
主の奇蹟の時
2023.12.3
大いに喜べ
2023.12.10
ヒゼキヤの信仰
2023.12.17
地の塩、世の光
2023.12.24
飼い葉桶のメシア
2023.12.31
神の国に入る者
2024.1.7
なぜ腹を立てるのか
2024.1.14
永遠なる御父の宮
2024.1.21
祝福された関係
2024.1.28
主の真実を信じる
2024.2.4
太陽を昇らせ、雨を降らせ
2024.2.11
安心して行きなさい