ホーム | 説教 | 説教(2023年度) | イエス・キリストの誕生

イエス・キリストの誕生

説教要旨(8月27日 朝礼拝より)
マタイによる福音書 1:18-21
牧師  藤盛勇紀

 「イエス・キリストの誕生の次第」についてはルカ福音書の方がかなり詳しいのですが、マタイにはマタイの主張と特徴があります。マタイは、マリアが身ごもったのは「聖霊によって」だと言います。「主は聖霊によりて宿り、おとめマリヤより生まれ」と使徒信条で告白している通りです。マタイはいきなりチャレンジしているわけです。《あなたはこれを信じるか》と。
 1章前半の「イエス・キリストの系図」は、ユダヤ人にとっては異常です。ダビデ王家の血統もありますが、罪の汚れ、恥と嘆きに満ちています。しかし神は、この人間の歴史のただ中に救い主を生まれさせ、そこに神ご自身が乗り込んで来てしまれたのです。クリスマスに備える時期を「アドベント」と呼びます。「到来する」という意味で、英語のアドベンチャーにつながります。単に「来る」というより、「敢えてやって来る」こと、危険がある「にもかかわらず、来る」ことです。そこには神の決意があります。人間の罪の汚れと恥と醜さ、にもかかわらず、敢えてその血筋の中に、神は来てしまう。その決断が「聖霊によって宿った」現実に現されました。
 ヨセフは主の天使から告げられます。「その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである」。「イエス」の名は、《主は救い》という意味。主なる神は私たち人間を罪から救うために、「聖霊によって」、人の子として生まれてしまったのです。
 しかもこのことは、昔から預言者たちを通して告げられていた、神は既に決意しておられたのだと。その決意は、「インマヌエル」(神は我々と共におられる)。神は、このような我々人間と共にいる!そう決意しているお方です。神を神とも思わない頑なな人間などいらないとか、生かしておいてもよいが、厳しい裁きで罪の深さを味わってもらおう、などと言われない。そう言われても仕方のない私たちですが、それにもかかわらず、神は人の罪をご自身で全て負ってしまう。そのために、自ら人となってしまうのです。
 イエス様の父となったヨセフは「正しい人であった」。マリアの妊娠を知ったヨセフの苦悩はどれほどだったでしょうか。まさか、マリアが姦淫を犯したのか。人には言えない酷い事件に巻き込まれたのか。眠られぬ夜を何度過ごしたか。悩んだ末、「マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひろかに縁を切ろうと決心した」。これが、正しい人ヨセフの精一杯の決心でした。人間を罪は、正しい人間の正しさによってもどうにもなりません。到底人間の手には負えない。しかし、人間には絶望でも、神ご自身が、そこに乗り込んで来られた。聖霊によって、人として来られたのだと、マタイはチャレンジしているのです。
 ここではヨセフが大きなチャレンジを受けています。自分でもどうしてよいか分からない混乱の中で「こうしよう」と決意した。しかし彼は、その混乱の中で主の御使いの言葉を聞くのです。「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである」。
 私たちもしばしば不信感や疑いを抱き、様々な思いに揺さぶられ翻弄されます。しかしそこで、《誰の言葉を聞くのか》《何によって判断し、生かされるのか》が問われているのでしょう。チャレンジを受けているのです。
 ヨセフは天使の言葉に聞き、マリアを迎え入れ、生まれた子にイエスと名付けます。彼の心中でどのような解決があったのか分かりません。ただ。彼の決意は独り決めではない、主なる神が私と共にいてくださって、私に語りかけ働きかけ、私を動かし、生かしておられる。その現実に自分を開いたのです。
 「眠りから覚め」たヨセフはが見ている現実は、何かが変わったわけではなく、困った状況も川良菜い。しかし、自分の思いも含めてある意味で全てが変わったのです。神が聖霊によって、この過酷な現実のただ中おられる! あえて、私たちのような者と「共にいる」と決意し、私たちを救っておられる! まさに、生まれてくる子は「イエス」なのだ!

説教一覧(2023年度)

2023.4.2
霊で祈り、理性で祈る
2023.4.9
あなた方に平安あれ
2023.4.16
全生涯続く喜び
2023.4.23
秩序と平和の神
2023.4.30
熱意とバランス
2023.5.7
神の恵みが現れた
2023.5.14
何を求めているのか
2023.5.21
最も惨めな者
2023.5.28
アッバ、父よ
2023.6.4
一人の一人による新しい命
2023.6.11
裁くことからの自由
2023.6.18
聖霊によって語り、聞く
2023.6.25
復活の希望による力
2023.7.2
最後のアダムは命の霊
2023.7.9
死よ、お前に勝利はない
2023.7.16
伝道の幻と戦い
2023.7.23
天地を結ぶ
2023.7.30
雄々しく、強くあれ
2023.8.6
マラナ・タ
2023.8.13
憐みに胸を痛める神
2023.8.20
イエス・キリストの系図
2023.8.27
イエス・キリストの誕生
2023.9.3
あの方の星に導かれて
2023.9.10
希望への退避
2023.9.17
天の記録
2023.9.24
神が近づいた
2023.10.1
壮大な業の開始
2023.10.8
神の前に一人で立つ
2023.10.15
悪魔に対抗する道
2023.10.22
メシアの伝道
2023.10.29
神の国は進む
2023.11.5
イエスに従う者たち
2023.11.12
神の義と愛
2023.11.19
神の愛に包まれた者
2023.11.26
主の奇蹟の時
2023.12.3
大いに喜べ
2023.12.10
ヒゼキヤの信仰
2023.12.17
地の塩、世の光
2023.12.24
飼い葉桶のメシア
2023.12.31
神の国に入る者
2024.1.7
なぜ腹を立てるのか
2024.1.14
永遠なる御父の宮
2024.1.21
祝福された関係
2024.1.28
主の真実を信じる
2024.2.4
太陽を昇らせ、雨を降らせ
2024.2.11
安心して行きなさい
2024.2.18
人の報いと神の報い
2024.2.25
あなたが祈るときには
2024.3.3
天の父よ
2024.3.10
いのち注ぐ恵み
2024.3.17
神の国を味わう
2024.3.24
十字架の神の御名
2024.3.31
そこで私に会うことになる